【10話】1期・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第10話感想と相関図

o0480027113279200128
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


スポンサーリンク

 第10話の感想と終了時の人間関係を図にしました。アニメしか見ていないので、アニメでわかることは余すことなく理解したいと思います。


基本情報(引用元:公式ページ

比企谷八幡 比企谷八幡
目と性根が腐った高二病・オブ・ザ・デッド。学力・体力・容姿と、どれもそれなりには優れいてるが、クズすぎる言動が全てを台無しにするスペッククラッシャー。将来の夢は専業主婦
雪ノ下雪乃 雪ノ下雪乃
本人の冷たさもさることながら、女子社会においてはその言動が絶対零度の吹雪を巻き起こす。一見、非の打ち所がない完璧美少女に見えるが、犬、不意打ちの優しさ、突発的アクシデントと弱点は結構多い。高校生離れして博識なため、ついた仇名がユキペディアさん。
由比ヶ浜結衣 由比ヶ浜結衣
見た目はイケイケ今時ビッチ女子高生だが、心も体も清らか乙女。人間関係においてその空気を読む技術は、世が世なら立身出世も夢ではなかっただろうが、おばかなためやはり夢でしかない。愛犬のサブレにはなめられっぱなしで飼い主の威厳はゼロ。
平塚静 平塚静
美人で気立ても良いが如何せん酒癖が悪い。漫画の影響で格闘技を始め、一時期は花見川区最強とまで自称していた剛の者だが、弱点は結婚関連全般。
材木座義輝 材木座義輝
夢に出るほど鬱陶しいくせにやたら声がかっこいいのがさらに腹が立つ鉄壁の中二病患者。自らを剣豪将軍と称するが別に剣道経験者でもなんでもない。
戸塚彩加 戸塚彩加
クラス内では大人しめグループにいるものの、時々てこてこと八幡に歩み寄ってみたりする。本人は女の子扱いされるのを嫌がる模様
比企谷小町 比企谷小町
腹黒いがそこが浅い、打算はするがケアレスミスを連発する算数できない系妹。目下受験勉強中の中学三年生で八幡の妹。広い交友関係を持つが、血は争えないのか一人でいても平気なタイプ。
雪ノ下陽乃 雪ノ下陽乃
雪乃の姉。人当たりもよく悪魔的な超完璧美人。総武高校の卒業生で、平塚先生の教え子。国立理系の大学生。
葉山隼人 葉山隼人
成績優秀スポーツ万能エリート一家のイケメンリア充。人付き合いはあくまで円滑をモットーとし、よぼどのことがない限りは人と事を構えない平和主義者


【PR】DVD多数出展!

 夏休みが終わり、また日常が戻ってきましたがなんだか奉仕部が気まずい雰囲気です。八幡と雪ノ下さんの嫌味の言い合いがないと、とっても暗い感じがします。
 さて、ロングホームルーム中に爆睡したせいで、文化祭実行委員に選任された八幡ですが、同じく実行委員になった雪ノ下さんとちょっと一波乱起こってます。また、文化祭が終わるまで部活が中止となり、気まずいまま離れていきます。
 由比ヶ浜さんは、雪ノ下さんのいつもと違う態度にぷんぷんしていましたが、それがきっかけで雪ノ下さんを大事に思う気持ちを自覚します。要は他の人と仲良くされると嫉妬しちゃう~ってこと。
 またまた陽乃さん登場。なんだかちょいちょい嫌な性格が出ている気がします。花火大会の時には良い人かもって思ったんだけどなぁ。文化祭実行委員長に、クラスの方も大事にしろって炊き付けたのも、雪ノ下さんを困らせる為の計算な気がしてなりません。

「部活にはいずらくなっているだろうし」

 
の一言もいただけませんな。そうなるように仕向けたような。。。考えすぎですかね。

 そして、葉山くんも関わってきました。「そろそろ破綻する、そうなる前にちゃんと人を頼ったほうがいい。手伝うよ。」救いの手を差し伸べる言葉ですが、これに対して八幡が、「頼るのは大事でしょうけど、そもそも頼る気まんまんの奴しかいないんですよね。」と言う。これをきっかけに、雪ノ下さんも軽くなったように息を吐くことができました。頑張った人の「ごめんなさい。」は聞くのがつらいです。
 八幡はお風呂場で疲れた声を出していました。基本スペックの高い八幡ですから、単純に労働だけでなく、気苦労もあったのでしょう。弱っている人の気持ちがよくわかる人だから、色々汲み取って考えすているのでしょうか。
 この後どんな斜め下の思考で状況が変わっていくか見ものです。

 さて今回の可愛いシーンはこちら!
きゃぷちゃ

由比ヶ浜さんがきまずい二人の間であたふた。。

関係ないけどシール増えてました!
kyapu2

 八幡と雪ノ下さんが気まずい関係になりました。事故を起こして、その相手が八幡と知りながら切り出せなかったことで、微妙な距離ができてしまいました。文化祭を経てどうなっちゃうのでしょうか。
10話終了時


【広告】動画配信でも「俺ガイル」あります。
※コンテンツ内容は変更する可能性があるため、ご契約前にご自身でもご確認願います。

・第9話の感想と相関図はこちら
・第11話の感想と相関図はこちら


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す