【ネタバレ有/無】君の名は。を見たので感想・考察・内容をまとめようと思う

228693
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る




スポンサーリンク


 まずはネタバレ無しの感想を書いていきたいと思います。その前に、まずは公式サイトからわかる基本情報をまとめましたので参考にしてください。

基本情報

・ストーリー
 千年ぶりとなる彗星の来訪を一ヶ月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに都会へのあこがれを強くするばかり。

「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。念願だった都会での生活を思いっ切り満喫する三葉。

一方、東京で暮らす男子高校生瀧も奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。
繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちる記憶と時間。二人は気付く。

「私/俺たち。入れ替わってる?!」

幾度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実をすこしずつ受け止める瀧と三葉。残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら、状況をの切っていく。しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気づいた瀧は、三葉に会いに行こうと決心する。

「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。」

辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた・・・。

出会うことのない二人の出逢い。運命の歯車が、いま動き出す。

・公式HPからわかるキャラクター相関図
公式相関図 ・予告


感想(ネタバレ無し)

 私はこの作品を見る楽しみを3つに設定していました。
1.絵
2.神木くん
3.恋愛要素できゅんきゅん
ストーリーは予告を見る限りは不思議物語として終わるのだろうと思って、あまり深く考えていませんでした。でも、見終わった時、この映画の何が良かったですかと聞かれれば、
1.ストーリー
2.神木くん
3.絵
と言うでしょう。絵は、新海監督の真骨頂といえる綺麗な風景は健在で、夜空から降り注ぐ彗星は本当に綺麗に描かれています。それだけに、事が起こるとその綺麗さが虚しさを際立てます。
1

 そして、神木くんの演技もすごい。男の身体に女の子の心が入っているので、声で女の子を演じないといけないが、それが上手い。そして可愛い。これを見るだけでも楽しめる。

 冒頭にも書いた様に、ストーリーは特に考えていなかったんですが、終わってみれば1番に話が面白かったと言う。それほどに、話に引きこまれていく内容でした。「え?夢の中で入れ替わる?ふっしぎー♪」と安易に見ていると、中盤で度肝を抜かれます。「え?うそ?なんで?」ってなりますよ。というか私がなりました。その瞬間心がキュっとなります。でも、それも中盤のことで、そこから終盤にかけてまた動き出す物語がずっとハラハラして先が読めない。いや、なんとなくは分かるんだけど「秒速5センチメートル」の時みたいに結ばれないエンドを持ってくる前科があるから、なんか怖くてずっとドキドキします。

 ストーリをまとめると、序盤は入れ替わった高校生が高校生らしく振り切って生活する様を楽しみ、中盤で入れ替わった意味や現実を知って心苦しくなり、終盤で結末の読めない展開にドキドキする。といった、楽しみ方ができる作品でした。結末が、バッドかグッドかぜひ劇場で確認してみてください!

 あ、あと「言の葉の庭」を見てから見に行く事をオススメしますよ!ちょっとした再会が楽しめます♪

スポンサーリンク


【ネタバレ有】時間軸の捉え方が難しい。考察しよう。


ストーリーの展開に沿って内容をプレイバックしましょう。

 まず初っ端に空から降る彗星が綺麗で、RADWIMPSの曲をBGMにして今後に展開されるであろうシーンのコマ送りが流れます。どのシーンが流れているか、初見では頭に入らなかったので、円盤が出たら穴が開くほどに見てやろうと思います。この演出が入った時「またRADWIMPSのPVで終わるのやめてよ」って思いましたが杞憂に終わりました。
 さっそく、三葉の体に入り込んだ瀧の話から始まります。襟からちらりと覗く胸のカットや、胸を揉みしだくところで男性客の心をしっかりキャッチしてくるあたり、ぬかりありません。気がつけば即翌日の描写になっており、三葉の中身が三葉の状態で話が進みます。「昨日の記憶が無い」ことが描かれる。そして、ちょっとだけ「言の葉の庭」の雪野先生が出てくる。相変わらず古典を教えていてちょっと嬉しいが、この先のことを思うとちょっと悲しい。「東京でイジメられて田舎に帰ったら彗星に故郷をふっ飛ばされたけど質問ある?」とかいうスレタイで2chにスレ立てしそうだ。
 話は戻り、宮水神社の巫女として口噛み酒を作る三葉。この口噛み酒は、三葉の半分と表され神体に捧げられますが、これが未来の瀧と三葉をつなぐキーアイテムになります。この古い風習や田舎に飽々していた三葉は「東京のイケメン男子にしてください」と叫ぶ。
 そして、瀧の身体に入った三葉の話へ変わる。神木くん可愛すぎやしないですかね。。女の子の様にキョドったり、犬がいるカフェでキラキラしたりを声で表すの上手すぎです。
 週に2,3日、眠りをきっかけに二人は入れ替わる日々を送りますが、5~6回入れ替わったところで、本人たちも気づきます。そして、2つの約束をする。
1.ルールを決める
2.携帯にその日の出来事を残す
 このルールや日記の中身については、一時停止してじっくり読みたいところなので円盤でのお楽しみですね。

 でも、このルールを決めてもお互い好き勝手動いて、啀み合って行く。そしてそのうちに惹かれていく二人。
2
 結局、三葉のおかげで瀧は奥寺さんとデートすることになるが、すでに奥寺さんに恋心は無くなっており、三葉が気になっていた。三葉も、瀧のデートの日に東京へ向かうが、三葉が出会ったのは中学生の瀧。記憶が無い瀧に結紐を手渡し地元へ戻った。そして髪を切り、運命の夏祭りへ向かう。

 一方、瀧は入れ替わることができなくなり会えない三葉に会うために、記憶と絵を頼りに飛騨を訪れる。手がかりもなく諦めて帰ろうとしたところで、糸守の町との情報を得るが、そこへ訪れると彗星が町を吹き飛ばした現実を知る。急いで日記を確認するも、日記は消えていき、記憶も薄れていく。そして、死亡者リストに宮水三葉の名前を見つける。どうしても宮水神社の神体が気になった瀧は、なんとか神体に辿り着き口噛み酒を飲み、三葉の半分を身体に入れたことで、もう一度三葉と入れ替わった。

 三葉に入った瀧が目覚めたのは、彗星が落下する日の朝。彗星が落下して町民が亡くなるのを防ぐため、瀧は走り回る。しかし、三葉が別人だと気付く町長の父を動かすことができず、町民避難の案が立ちゆかなくなる。そこで、神体に瀧に入った三葉がいることを信じ、会いに行く。最初は声はするが、会うことができない。そこにいることはわかるのに触れない。時間は過ぎ、彼は誰時を迎える。すると、入れ替わっていた二人は元の身体に戻る。そして、二人は出会う事ができた。しかし、それは一瞬でまた二人の名前を忘れない様に手に名前を書くが途中で消えてしまいもとのそれぞれの世界へ戻ってしまう。二人共名前の記憶が無くなってしまうが、三葉はその手に「すきだ」の文字を握りしめて、最後まで彗星直撃による惨事を回避しようと奔走する。

 それぞれの名前は思い出されないまま、5年の月日が流れなおも二人は出会わない。糸守は町民がほとんど無事だったようだが、瀧に三葉の記憶がなく、でも何かを探している気がするという焦燥感だけ残し生活していると、電車の窓からすれ違う二人の目が合った。そして駈け出し、千駄ヶ谷の階段で再会する二人。しかし、ナンパみたいなことができない二人は、一度すれ違うが、振り向いて

「あの、俺、君をどこかで・・」

「私も」

「君の名前は?」

鳥肌ブワーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
嬉しさやらなにやらで、鳥肌立ちました。生きてて良かったぁ!出会えないエンドじゃなくて良かった!と、最後の最後まで気が抜けない楽しい映画でした。

時間軸の考察

 過去の三葉が未来の瀧と入れ替わって、過去の瀧に出会って・・・とちょっと見ただけではこんがらがってきたので整理します。劇中の年数控えてないので年数は適当です。
時間軸

どうでしょう。あってますか?入れ替わりをしていた三葉は記憶というか、思い出と言うか、パラレルワールドというか、とにかく別世界の三葉なのではないかと考えています。うーんでもちょっと微妙かなぁ。ま、円盤でたらもうちょい詳しく見ないとわからない。難しい。。

映画終了時の相関図


 映画の中でいろいろと動き下記の様に変化したと思います。それぞれうまく収まった感じですね。このアニメは”恋”というより”思い”の綺麗さを楽しむアニメですね。失っても、忘れても、一途に思う気持ちは美しいですね。

話終了時

<この記事を読んだ人にオススメの記事>

土日なにしよ~2016年10月1日(土)イベント情報~
【FF15映画】FINAL FANTASY 15 KINGSGLAIVE 見てない人でもわかるあらすじのまとめ
なぜ有料動画サービスの会員になるのか。各サービス比較のまとめでわかったこと。
いま学習漫画が読まれている最大の理由
【PR】
小説「君の名は。」
72万部突破!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「【ネタバレ有/無】君の名は。を見たので感想・考察・内容をまとめようと思う」への4件のフィードバック

  1. 僕も今日見てきました。

    雪野先生の故郷は四国のはずですが、なぜ岐阜にいたのでしょうね。
    ファンサービスといったところでしょうか。

    1. ファンサービスですよね。嬉しかったですもん!
      でもエンドロールが「ユキちゃん先生」になってたのはなんででしょうか。

  2. 時間軸の考察を訂正しなきゃね。三葉が隕石落下で死ぬ所が2013年8月となっていますが正式には2013年10月4日糸守町の秋祭り日。しかし、お互いの記憶と名前を全て糸守の神様「ご神体」に消されてしまうと言う事が入ります。それは、2016年の瀧が三葉を心のどこかで思い続けていたと言う事がご神体の場所へ行くと言う事です。そこで三葉の口噛み酒を飲んで彼女を救うと言う事です。ものの見事に三葉が死ぬ前の前の日辺りに瀧の精神が三葉に入ると言う事。これが三葉が生きていたと泣くシーンです。最終的には再会ですが歩道橋ですれ違うシーンでもし、完全に再会してしまっていたらストーリーも大きく変わる筈です。そこを押し殺したのが監督の魅了ですね。流石、新海マジックですね。

コメントを残す