【7話】四月は君の嘘 話数別の相関図で見る「きみうそ」の面白さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

[adcode0]


基本情報
(引用元:公式サイト

有馬公生 有馬公生
世界的なピアニストを夢見ていた母の早希に鍛えられ、天才的なピアニストに成長するが、その正確無比な演奏は「機械仕掛け」「母親の操り人形」と揶揄される。コンクール直前に母が死去し、それ以来自分の弾くピアノの音が突然聞こえなくなるトラウマを抱えている。
宮園かをり 宮園かをり
天真爛漫、奇想天外、時には喧嘩上等。ジェットコースターのような性格。ヴァイオリニストであり、演奏スタイルは個性的。楽譜を自分なりに解釈して演奏し、その情熱的な演奏は多くの聴衆者を虜にする。
澤部椿 澤部椿
有馬家の隣に住む幼なじみで、公生を弟のように思っている。ソフトボール部に所属するスポーツ少女。ピアノをやめてしまった公生のことをずっと気にかけており、公生が立ち直るきっかけを探している。
渡亮太 渡亮太
公生・椿の幼なじみ。サッカー部部長でモテモテの女好き。宮園かをりに好かれていることを喜びつつ、可愛い女の子に目がない。軽薄と思われがち。
<品切れ本なら>
品切れ本

 度々でる黒猫。公生のもう一つのトラウマです。
1

 渡の中学最後の大会が始まりました。4人に囲まれるてシュートする渡、かっけー!口だけじゃない男です。試合に負けても部長としてシャンとしていますが、トイレで泣くあたり男ですね。思いを公生に託します。
 その公生も授業中も、放課後も、帰り道も音楽漬けでぶっ倒れてしまいます。駆けつける宮園かをり「友人A!」って叫ぶあたり可愛いです。
2

 放課後になり、公生と宮園かをりは一緒に帰ります。もうだいぶ馴染んで来ましたね。
3
黒猫を見てフラッシュバックする公生。飼っていた黒猫(チェルシー)を自分のせいで捨てられてしまい、その自責の念で追い込まれていた。この日以来、お母さんの影の中で生きているような毎日を送ります。
 影として生きる公生に、宮園かをりは

「君はお母さんの影なんかじゃないよ。君は君だよ。君らしく、なんて曖昧なものじゃない。何やったった変わったって関係ない。君はどうせ君だよ。

君の人生で、ありったけの君で真摯に弾けばいいんだよ。」

5

こんな笑顔で言われたらひとたまりもありませんよ。それに加えて「手が私に触れて喜んでる」ってやられたら、もう隠し切れないですね。たぶん宮園かをりは、単純に人に触れる喜びって意味なんだけど、公生はそうじゃないよね。
6

 いよいよコンクール当日。宮園かをりのくだらないけどとても元気づけられる「星は君の頭上に輝くよ」の一言に、グロッキーだった公生も天使の笑顔を見せる。
7

そしてライバル登場。
8

いよいよコンクールが始まる。来週は相座武士の演奏からですね!楽しみです。

<新発売!四月は君の嘘Coda>
収録内容:全5篇
①有馬公生の初公演の日「夏の夕暮れ」「夏の幻」
②凪と三池のその後がわかる「2年後」
③宮園かをりの思いを明かす「夏のなごり」
④井川絵見の学園生活を描いた「秘密結社KKE」

 公生のライバルたちが登場しました!が、ライバルだと思っているのは武士と絵見だけ。公生は二人を覚えていない。これからこの二人が公生にどのように影響していくか楽しみです。
7話終了時

 

<本作は完結済みです>

[adcode2]

・第6話の感想・相関図はこちら
・第8話の感想・相関図はこちら

[adcode0]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す