【1話】2期・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 感想と話数別相関図

c8a95b36fffeaf32ef27c66da6976e31
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 第2期第1話の感想と終了時の人間関係を図にしました。アニメしか見ていないので、アニメでわかることは余すことなく理解したいと思います。


スポンサーリンク


基本情報(引用元:公式ページ

比企谷八幡 比企谷八幡
目と性根が腐った高二病・オブ・ザ・デッド。学力・体力・容姿と、どれもそれなりには優れいてるが、クズすぎる言動が全てを台無しにするスペッククラッシャー。将来の夢は専業主婦
雪ノ下雪乃 雪ノ下雪乃
本人の冷たさもさることながら、女子社会においてはその言動が絶対零度の吹雪を巻き起こす。一見、非の打ち所がない完璧美少女に見えるが、犬、不意打ちの優しさ、突発的アクシデントと弱点は結構多い。高校生離れして博識なため、ついた仇名がユキペディアさん。
由比ヶ浜結衣 由比ヶ浜結衣
見た目はイケイケ今時ビッチ女子高生だが、心も体も清らか乙女。人間関係においてその空気を読む技術は、世が世なら立身出世も夢ではなかっただろうが、おばかなためやはり夢でしかない。愛犬のサブレにはなめられっぱなしで飼い主の威厳はゼロ。
平塚静 平塚静
美人で気立ても良いが如何せん酒癖が悪い。漫画の影響で格闘技を始め、一時期は花見川区最強とまで自称していた剛の者だが、弱点は結婚関連全般。
材木座義輝 材木座義輝
夢に出るほど鬱陶しいくせにやたら声がかっこいいのがさらに腹が立つ鉄壁の中二病患者。自らを剣豪将軍と称するが別に剣道経験者でもなんでもない。
戸塚彩加 戸塚彩加
クラス内では大人しめグループにいるものの、時々てこてこと八幡に歩み寄ってみたりする。本人は女の子扱いされるのを嫌がる模様
比企谷小町 比企谷小町
腹黒いがそこが浅い、打算はするがケアレスミスを連発する算数できない系妹。目下受験勉強中の中学三年生で八幡の妹。広い交友関係を持つが、血は争えないのか一人でいても平気なタイプ。
雪ノ下陽乃 雪ノ下陽乃
雪乃の姉。人当たりもよく悪魔的な超完璧美人。総武高校の卒業生で、平塚先生の教え子。国立理系の大学生。
葉山隼人 葉山隼人
成績優秀スポーツ万能エリート一家のイケメンリア充。人付き合いはあくまで円滑をモットーとし、よぼどのことがない限りは人と事を構えない平和主義者

<電子書籍も出てます>

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録- 9巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

 文化祭のシーンから始まった第2期。「誰も傷つかない世界の完成だ。」
1

 文化祭と体育祭以来、一人で何かする事を「何谷くん」とイジられるネタができる。しかし彼の名前は「ひきがや」だ。浮いていてもちゃんと声を掛けてくれる由比ヶ浜さんと戸塚くん。そして部室のシールは何か増えている。
3
部室では雪ノ下さんが紅茶を淹れてくれるが紙コップ。優しいのか、優しくないのか。せっかく淹れてくれたので、猫舌だが飲み始める八幡。そして、また他愛もない会話がされる。

「何のために修学旅行に行くのかしら」
「あれは社会生活の模倣なんだよ。」

修学旅行は京都のようです。雪ノ下さんはいろいろと京都について知っているようですが

「なにこいつぢゃらんなの?」

って思ってたらどうやら、ぢゃらんで読んだ知識のようです。それを察した八幡と由比ヶ浜さん。
4

 奉仕部に相談に来た葉山くんと戸部くん。そうそうに戸部くんは、「ひきたにくんに相談とかないわー」と言う。それを聞いて由比ヶ浜さんが怒る。そして、雪ノ下さんが
「まぁ、比企谷くんが悪いのだし仕方ないわね。流石だわ。では悪いけど出て行ってもらえるかしら。」
という。この流れ、八幡を追い出すのかと思いきや・・・

5

「待ちなさい。どこいくの。」

席を立とうとした八幡の引き止める雪ノ下さん。追いだそうとしたのは戸部くんの方でした!二人して八幡をかばいます。でも、結局空気の読めない戸部くんは頼み事を話しだす。どうやら海老名さんに告白したいらしい。

「ひきたにくん。いや、ひきたにさん。おなしゃす。」
「しゃす。」
「しゃしゃす。」
6

結局、雪ノ下さんが由比ヶ浜さんに押し切られ支援することに。戸部くんのアピールポイント探しをする。でも、何も出てこない。

7

由比ヶ浜さんは海老名さんが戸部くんをどう想っているか知っていそうなリアクション。「いい人だとは思ってるみたい」との事だが・・・。
 そんな中、海老名さんが奉仕部に訪れる。戸部の事で話があると言われ、まさかの両思いか?と思いきや、腐女子の妄想相談でした。
8
どうやら言いたいことは、男子の仲がギクシャクしているから、なんとかしたいってことみたいだ。用件だけ伝えて去っていく海老名さん。由比ヶ浜さんは、なんの悪気もなく八幡に
「男子同士ってどうやって仲良くなるの?」
と聞く。繰り返すが、悪気はない。
「それを比企谷くんに聞くのはあまりに酷じゃないかしら。もう少し気を使いましょう。」
と天使の笑顔でイジる雪ノ下さん。
9

 修学旅行当日。行きの新幹線で寝言を言う戸塚くん。いつも八幡とつぶやく彼は本物のヒロインなのではないでしょうか。そして、由比ヶ浜さんも八幡にボディタッチ!
「そういう無邪気な行動がですね、多くの男子を勘違いさせ、結果死地へと送り込むわけになるのですよ。わかったら今後、ボディタッチはしない、休み時間や放課後男子の席に座らない、忘れ物しても男子から借りない。徹底してくださいね。」
そして不可抗力で戸塚くんに壁ドン。「うぅ~」って可愛い声出さないでください。
10

 京都についてから順調にいろいろ回って行きますが、戸部くんと海老名さんをくっつける名目でいろいろ動くおかげで、由比ヶ浜さんと八幡もいろいろ一緒に回れていますね。石を一緒に回すために二人でくらい通路を行ったり、水を飲んで間接キスをしそうになって照れたり。
11
ちょこちょこ葉山くんの様子がおかしいきがしますが、八幡も気になっているようです。そして一日目の宿では、雪ノ下さんがパンダの人形を買おうか悩んでいます。そして手を伸ばしたところで八幡に見られていることに気づき買うのをやめます。一度帰るふりをして、「あら、奇遇ね。」と八幡に声をかける。どうやら部屋で恋愛絡みの話をして盛り上がっているようで、その矛先が雪ノ下さんに向いて来たようなので逃げてきたらしい。「聞かれるってことは興味持たれてるってことだろ。仲良くすれば」という八幡に「ひとごとの様にいうけれど、そもそもあなたが文化祭のときに・・」と話します。

12

八幡は文化祭実行委員長と八幡の一件のことと認識しているようだが、雪ノ下さんの感じは、八幡が雪ノ下さんを庇った一件について、聞かれている感じですね。
 昼間は由比ヶ浜さんといろいろ回りましたが、夜は雪ノ下さんの番です。平塚先生のおかげで宿を抜け出し、二人きりで夜の街を歩いて帰る事になります。先生図ったな。何を会話するでもないけど、お互いにお互いを思って、考えているのが伝わります。
13

 修学旅行という最高のイベントが始まり、三人の関係が動きそうですね。1期からみんな変わってないくて良かった。ちょっと雪ノ下さんが優しくなった気がしますが、それも八幡に好意を抱いているからですよね。

 1期にだいぶ関係が固まったので、2期ではどのように関係が深まっていくのかが見ものです。葉山くんと雪ノ下さんの過去や、雪ノ下さん・由比ヶ浜さん・八幡の三角関係がどうなるかも楽しみです。とりあえず、関係は1期終了時のままです。
1話終了時
 

<限定版Blu-ray>

やはりゲームでも俺の青春ラブコメはまちがっている。続 【限定版特典】オリジナルアニメBlu-ray「きっと、女の子はお砂糖とスパイスと素敵な何かでできている。」 & 【Amazon.co.jp限定】特典付 (アイテム未定)

新品価格
¥11,880から
(2016/8/13 16:31時点)

<漫画大人買いなら>
全巻漫画.com


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す