softbank airは繋がらない遅い使えない?2021年2月回線速度の実績値と初期契約解除制度について(クーリングオフ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

softbank airが繋がらない。そんなレビューはたくさん目にしてきた。下り最大481mbpsを謳っている回線で今日日遅いだ繋がらないだの、どれだけ大層なデータをダウンロードしているのかと。どれだけ僻地で利用しているのかと。世間のレビューは半信半疑でsoftbank airの契約をしたので、その実態を自分の目で確かめることにした。

契約について


とてもかんたん。電話申し込みでは、親切なオペレーターさんからの質問に答えていくだけ。固定電話番号(または連絡がつく電話)と名前、住所をやり取りし回線の説明を聞く。私は同時におうちの電話サービスを契約したが、こちらも契約の意思と申し込みオプションを選択するだけ。申込みが完了すればあとは書類と端末の発送を待つだけだ。簡単すぎて本当に申し込みができたか不安になるくらいでした。申込後案内されたWebサイトで引き落とし情報を登録。滞りなく登録および確認が完了すると、申込みから1週間でsoftbank airを受領できた。ちなみに端末はターミナル4(現在最新)が送られてきた。対象エリア、送付端末機種が不安な場合は契約時に質問すると教えてくれるので、安心して質問しよう。

回線利用開始について


とてもかんたん。謳い文句通り、ターミナル端末の電源を投入し電波状況の良いところに置くだけだ。起動も1~2分で完了し、SSIDの初期設定も不要なので端末記載のパスワードで接続する。私は今現在最新端末のターミナル4が送付されてきた。5Ghz帯2.4Ghz帯も利用できる。後日送られてきた「課金開始予定日」の契約書から逆算すると、ターミナル到着時に利用こそできるものの、課金は発生していないようだ。(課金と言っても月額の定額制なので日割り金のことだが。)つまり初期契約解除制度を利用して解約しても日割り金はかからなかったということだ。

回線速度について


時間帯の差が激しい。平日日中帯の回線速度は下り30~70mbps、夕方から20mbps程度に落ち込み、18時過ぎにもなると4~9mbpsまで落ち込んでいた。以下に実測値を参考で記載します。
回線速度はこちらで確認しました。

東京都江東区での下り利用実績
日・時間帯 日中 夕方 夜間
平日 30~70mbps 20mbps 4~9mbps
休日 5~40mbps 5~20mbps 4~9mbps


※Bluetooth、その他電子機器との電波干渉は無いように考慮はした
※電波強度:(簡易表示)最高感度、(詳細感度)60~80%
※ソフトバンク公式サポート速度:江東区 Airターミナル4 481Mbps(一部エリアで962Mbps※1)

遅いといえば遅いが、youtube動画の再生は3Mbpsもあれば遜色なく再生可能と言われており個人で暇つぶしを行うには問題ない回線速度に見える。実際に平日日中帯はサクサク動き不満の一つも無い。 だが、たしかに夜間や休日は遅い。表記の速度以上に読み込みが遅いのだ。数日利用してくるくる回り続ける読み込みマークに嫌気がさしたので、試しにPingで速度を確認することにした。

・10:43:30″,8.8.8.8,8.8.8.8,”Time: 1288ms”,
・10:43:31″,8.8.8.8,8.8.8.8,”Time: 156ms”,
・10:43:33″,8.8.8.8,8.8.8.8,”Time: 760ms”,
・10:43:36″,8.8.8.8,8.8.8.8,”Time: 1674ms”,
・10:43:38″,8.8.8.8,8.8.8.8,”Time: 1054ms”,
・10:43:40″,8.8.8.8,8.8.8.8,”Time: 1623ms”,
・10:43:43″,8.8.8.8,8.8.8.8,”Time: 1346ms”,
・10:43:46″,8.8.8.8,8.8.8.8,”Time: 2201ms”,
“NG”,” 10:43:52″,8.8.8.8,,”Request timed out”,
・10:43:54″,8.8.8.8,8.8.8.8,”Time: 1145ms”,
・10:43:56″,8.8.8.8,8.8.8.8,”Time: 1066ms”,
・10:43:58″,8.8.8.8,8.8.8.8,”Time: 1393ms”,
・10:44:02″,8.8.8.8,8.8.8.8,”Time: 2087ms”,


上記は祝日日中帯の応答速度。通りで読み込みくるくるマークが消えないわけだ。DNSサーバーとの応答がおそすぎる。

結論


SoftbankAirは断続的に通信をするので表示速度以上に遅い。 この遅さを水道で表すと、細い水道管でチョロチョロ水が出る遅さではなく、蛇口を捻っては閉じ捻っては閉じを繰り返す断続的な遅さなんだと感じた。(パケットロスもしてるし。)



おまけ:初期契約解除制度


初期契約解除制度の利用は簡単で、申込あるいはターミナル端末の受領の遅い方から8日以内に解約の意思を示すこと。いつからが起算日でいつまで解約が可能かは、契約書記載の初期契約解除受付センターに電話すれば答えてくれます。契約書には必ず初期契約解除制度の説明が記載された書類が同封されるので、それは捨てたり見落とさないようにチェックしましょう。
解約の意思表示は郵送か電話で可能。電話ならその電話を切った直後から、郵送なら消印日から有効になる。初期契約解除制度の目的から言えば、消費者側の一方的な理由で解約が可能となるはずだが解約理由は聞かれるので、解約理由は整理しておこう。(できれば理由教えてくれとか言われるので、言わなくても平気なのかも?)
無事無償で解約できれば手続き終了です。もちろん初期契約解除制度は消費者の権利ではありますが、節度をもって利用するようにしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す