【12話】四月は君の嘘 話数別の相関図で見る「きみうそ」の面白さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

[adcode0]


基本情報
(引用元:公式サイト

有馬公生 有馬公生
世界的なピアニストを夢見ていた母の早希に鍛えられ、天才的なピアニストに成長するが、その正確無比な演奏は「機械仕掛け」「母親の操り人形」と揶揄される。コンクール直前に母が死去し、それ以来自分の弾くピアノの音が突然聞こえなくなるトラウマを抱えている。
宮園かをり 宮園かをり
天真爛漫、奇想天外、時には喧嘩上等。ジェットコースターのような性格。ヴァイオリニストであり、演奏スタイルは個性的。楽譜を自分なりに解釈して演奏し、その情熱的な演奏は多くの聴衆者を虜にする。
澤部椿 澤部椿
有馬家の隣に住む幼なじみで、公生を弟のように思っている。ソフトボール部に所属するスポーツ少女。ピアノをやめてしまった公生のことをずっと気にかけており、公生が立ち直るきっかけを探している。
渡亮太 渡亮太
公生・椿の幼なじみ。サッカー部部長でモテモテの女好き。宮園かをりに好かれていることを喜びつつ、可愛い女の子に目がない。軽薄と思われがち。
<品切れ本なら>
品切れ本

 ガラコンに向けて練習する二人。その演奏はぎこちなく、さぐりさぐりのような、覇気のないような演奏になっています。どうしても公生はこの曲を弾きたくないようです。でも、どんなに別の曲を提案しても「やだぶー」と言われて断られます。
1

 思い詰めている公生のところへ瀬戸さんがきて夏祭りへ赴きます。そこで公生が愛の悲しみを弾きたがらない理由が語られます。

2

愛の悲しみは公生のお母さんが好きな曲で、子守唄代わりに聞いていた曲のため、どうしたって母さんを思い出しちゃうから嫌だと語ります。そして、これまで不安に思っていた気持ちも漏らします。

「母さんは僕を憎んでたんじゃないでしょうか」

相変わらず、楽譜を投げひどい言葉を言ったこと、また、自分がうまく弾けないから怒らせ、死期を早めたのではないかと思っています。また、辛い記憶とともに、公生は必死にお母さんのことを忘れようとして来たことも責任を感じています。でも、瀬戸さんが語るお母さんは、楽譜を投げた時笑っているように見えます。「忘れるために弾こう」そう言って前に進もうとします。

 宮園かをりと公生の練習は夜遅くまで続き、公生が送っていくことになりました。そこで二人は空を見上げます。公生は形容しませんでしたが、この空をどうみたのでしょうか。ニッコリ笑ってキラキラ星を歌い出します。めっちゃ青春しててニヤニヤが止まりませんな!

4

宮園かをりの家につくと、宮園家の両親は、顔で公生だときづきました。小さい時からコンクールを見に来ていたとは言え、2年間間が開いているのに凄いです。宮園かをりがいろいろと話しているから知っているのではないでしょうか。そして、学校では夏の補修とガラコンの練習。夜の学校で花火をするという最高のシチュエーション。本当に楽しそうです。でも、進路の話になると急に静になる宮園かをり。先のことは考えてないやと話をそらします。渡と騒ぐ宮園かをり見つめて「絵になる二人だ」と心から思うあたり、公生は優しいやつでそして「優しい奴は損をする」ってことに繋がります。

7

宮園かをりを見つめる公生を突き落とす椿。「何見とんじゃー!」とアタック。泳げない公生は溺れてしまうが、暗い水の底に沈みながら光が指していることに気が付きます。公生が演奏中に感じている現象も、公生が気付いていいないだけで光が差しているかもしれないと感じます。公生にとって光となるのは瀬戸さんの言葉と宮園かをり。

「音が聞こえなくなる。それはきっと贈り物だよ。目を閉じて耳を塞いで。今は心のままに弾きなさい。あんたには十分技術がある。自分の中にある音、イメージする音をトレースする技術。それは、早希があんたに残した思い出。」

 溺れた公生が助かって泣く椿は公生が大好きですね。まだ本人は気付いてないですが。最近斎藤先輩とのシーンないですけどまだ付き合ってますよね?
 ガラコン当日、宮園かをりが遅刻して来ません。電話しても携帯は部屋に置きっぱなしだし、お店も閉まっている。両親も会場に来ていないとなると、嫌な感じでまさかと思ってしまいます。出演の順番を変えてもらうよう、トリの御池くんに交代を願い出るが却下され、さらに嫉妬からか宮園かをりをけなされてしまう。この時、公生は大人な対応で「今日の主役の座は僕らがもらいます。」と言ってのけます。自信がないと言えないかっこいいセリフです。

11

 そして宮園かをりが間に合わないまま、変装した井川絵見も見つめるガラコンは始まります。一人で舞台に上がった公生は何をするのでしょうか。
9

<新発売!四月は君の嘘Coda>
収録内容:全5篇
①有馬公生の初公演の日「夏の夕暮れ」「夏の幻」
②凪と三池のその後がわかる「2年後」
③宮園かをりの思いを明かす「夏のなごり」
④井川絵見の学園生活を描いた「秘密結社KKE」

 今回は、公生のピアニストとしての成長が描かれた回で、あまり相関関係に進展はありませんでした。特に更新はありません。
12話終了時

<本作は完結済みです>

[adcode2]

・第11話の感想・相関図はこちら
・第13話の感想・相関図はこちら

[adcode0]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す