迷っている人に捧ぐ。PG12のグロさと面白さをネタバレ無しでここまで伝える。映画キャラクターの感想。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

6月11日公開映画「キャラクター」を視聴しました。面白かったですので感想を書きたいと思います。ネタバレは本作の魅力に関わるのでここでは無しにしますが、1mmも情報入れたくない人は気をつけてください。

ネタバレ無し:グロさの考察

二人の共作、それは連続殺人事件。誰も見たことのない体験型ダークエンターテインメント誕生。

描いてはいけない、主人公だった

https://character-movie.jp/

これは公式HPでのコピーです。視聴後の感想だと「体験型」というのがちょっとどうなんだろうというところですが、グロ有りのダークエンターテインメントでした。ひっかかるのは連続殺人事件、PG12、というところなのですがPG-12指定の映画一覧を見る限り、グロさは上位に入るのではと思いますね。何人も亡くなるし、血糊は多いし、遺体も結構出てくるし。それでは、PG12とはどういったことなのか調べていきましょう。

映倫の定義でPG12とは”12歳未満の年少者の観覧には、親または保護者の助言・指導が必要”というラインです。この映画では殺害に至るシーンも、殺害後の状態や写真が幾度と出てきます。傷口も写っている方だと思います。ですが、傷の生々しさより血糊量で惨劇を表現しているような感じはあるのでその辺りでレーティングが抑えられているのかもしれません。また、PG12の指定理由は「~簡潔な殺傷・暴力描写、流血が見られるが、~」(映倫)とのことで、”簡潔な”という言葉が使われています。正直「か、簡潔だと・・・」という感じですが、思い返してみるとたしかに「無慈悲な惨状」は描かれているものの「悲鳴やもがき苦しむ姿」や「恐怖に追いつめた残忍なシーン」はありませんでした(たしか)。その辺りで刺激が抑えられているようです。なるほどなるほど。これらの演出でうまく刺激を抑えながら、それでもしっかりとグロさや恐怖を植え付ける演出ができている、と。演出の大勝利ということがわかりました。すごい・・・。


ネタバレ無し:感想

冒頭に書いたように面白かったです。先述のグロさはたしかに感じましたが、私自身苦手というわけでもない(得意でも無いが)のでとても没入して「次はどうなる」と常に考えて楽しめました。推理した私の妄想で当たったのは一つくらいで、あとはびっくり仰天、とあるシーンでは「びくっ!」としてしまいました。笑

Fukaseさんの演技も結構ハマっていて、目のひん剥き方とか結構怖かったです。SEKAI NO OWARIというグループ名からしてちょっとした狂気は持っているので(ピエロもいるしw)、何を考えているのかわからない感じ、常識人ぽい中に隠しきれない悪意の表現はなかなかのものでした。また、劇中の印象的な大道具も作成しているんですね。エンドロール見てびっくりしました。才能がすごい。

そして菅田将暉さん。言わずもがなのカメレオン俳優さんですが、今回もなかなかの名演でした。コピー通り「共作」に至るまでの背景がうまく表情や佇まいに滲み出ていたし、いい顔でいい場面を演じていました。あれはぜひ見てもらいたいですね。

小栗旬さんは存在感がすごい。菅田将暉さんも自身のラジオ番組で「小栗さんがポスターの中心で存在感有りすぎるから主役みたいに見える。食われるw」と言っていました。その通り存在感すごいです。あのようなストーリー展開には本当にびっくりしました。

高畑充希さんは、あの声と演技でグロさやシリアスさをうまく薄めてくれるのに緊張感は保つという、とても作品を見やすくしてくれる存在でした。どこにいても自然体で、緊張感が抜かれすぎず加熱しすぎずの一貫して重要な立ち回りをしているように思いました。

中村獅童さんは小栗旬さんを引き立たせる先輩役として旨い立ち回りをしていましたね。主役クラスの存在感を持っている人なのに、その存在感のオンオフをうまく使い分けながら、小栗旬さんを担ぐことに嫌味が無い。だからあのストーリー展開は響く。

総じて、とても濃密な2時間で時間以上に時間が長く感じました。娯楽で時間が長いというと褒め言葉じゃなくなってしまうかもしれませんが、常に先が気になるストーリーは刺激を与え続けてくれたので時の流れが遅く感じたのだと思います。
上記の通り、グロさや演出はPG12に恥じないよう練りに練られた素晴らしい作品だと思いますので、劇場の迫力で体験するとより満足感高いと思います。(耐性全くない人は要注意)
お読みいただきありがとうございました。

おまけ

①6月11日デイリーランキング(非公式)でキャラクターは座席数27460で2位だったそう!すごい!!

②Twitterキャンペーンがいろいろ始まってます!

「ここに感想を入れてね」という欄を書き換えて参加しよう!


ページを確認して参加しよう!

みなさんもキャンペーンに参加して盛り上げつつ、もし・・・もしも感想探すのにキャンペーンで埋もれてしまったと感じたらTwitterの除外検索を利用してみましょう!例えば検索ワードを
-”ここに感想を入れてね” #映画キャラクター
で探してみたらどうでしょうか。「-”ここに感想を入れてね” #映画キャラクター」の検索結果

③ファボ&拡散してくれた方ありがとうございました

④るろうに剣心も本当に良かったから、見ていない方は是非!!
史実を整理してから「るろうに剣心 最終章 The Beginning」を見ると100点満点から150点に感想上がる

たくさんのひとに、この映画の良さが届いてほしい!

【広告】
[adcode37]

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す