【6話】2期・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 感想と話数別相関図

c8a95b36fffeaf32ef27c66da6976e31
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 第2期第6話の感想と終了時の人間関係を図にしました。アニメしか見ていないので、アニメでわかることは余すことなく理解したいと思います。


スポンサーリンク



基本情報(引用元:公式ページ

比企谷八幡 比企谷八幡
目と性根が腐った高二病・オブ・ザ・デッド。学力・体力・容姿と、どれもそれなりには優れいてるが、クズすぎる言動が全てを台無しにするスペッククラッシャー。将来の夢は専業主婦
雪ノ下雪乃 雪ノ下雪乃
本人の冷たさもさることながら、女子社会においてはその言動が絶対零度の吹雪を巻き起こす。一見、非の打ち所がない完璧美少女に見えるが、犬、不意打ちの優しさ、突発的アクシデントと弱点は結構多い。高校生離れして博識なため、ついた仇名がユキペディアさん。
由比ヶ浜結衣 由比ヶ浜結衣
見た目はイケイケ今時ビッチ女子高生だが、心も体も清らか乙女。人間関係においてその空気を読む技術は、世が世なら立身出世も夢ではなかっただろうが、おばかなためやはり夢でしかない。愛犬のサブレにはなめられっぱなしで飼い主の威厳はゼロ。
平塚静 平塚静
美人で気立ても良いが如何せん酒癖が悪い。漫画の影響で格闘技を始め、一時期は花見川区最強とまで自称していた剛の者だが、弱点は結婚関連全般。
材木座義輝 材木座義輝
夢に出るほど鬱陶しいくせにやたら声がかっこいいのがさらに腹が立つ鉄壁の中二病患者。自らを剣豪将軍と称するが別に剣道経験者でもなんでもない。
戸塚彩加 戸塚彩加
クラス内では大人しめグループにいるものの、時々てこてこと八幡に歩み寄ってみたりする。本人は女の子扱いされるのを嫌がる模様
比企谷小町 比企谷小町
腹黒いがそこが浅い、打算はするがケアレスミスを連発する算数できない系妹。目下受験勉強中の中学三年生で八幡の妹。広い交友関係を持つが、血は争えないのか一人でいても平気なタイプ。
雪ノ下陽乃 雪ノ下陽乃
雪乃の姉。人当たりもよく悪魔的な超完璧美人。総武高校の卒業生で、平塚先生の教え子。国立理系の大学生。
葉山隼人 葉山隼人
成績優秀スポーツ万能エリート一家のイケメンリア充。人付き合いはあくまで円滑をモットーとし、よぼどのことがない限りは人と事を構えない平和主義者


【PR】本多数出品!


 「あの日依頼変わることのない微笑、変わることのない日常、逃げ出さないようにするだけの日々」

という言葉から始まります。前回とった行動について引きずっている感が拭えていません。気を使いすぎて普通にいることができないご様子。そして、人間観察スキルが鈍っているのか見ている事がバレバレのご様子。これまでの人生で築いてきた、人のことめっちゃ見てるけど見てない様にするスキルが発揮できていない。
2_r
 それもそのはず。どうやら八幡自身がなぜ見ていたのわからないという、無意識だったようです。

そして、由比ヶ浜さんの「部活一緒に行こうね」は破壊力抜群。。かわいい。
3_r
優しい八幡は、人目の付かない外で由比ヶ浜さんを待ち一緒に部室に向かいます。こういった優しさは変わっていないですね。

そしてトラブルメーカー一色さんがやってくる。
4_r
クリスマスイベントの依頼が生徒会に舞い込んできたのですが、どうやらうまくいかないらしい。一生懸命話す一色さんだが、雪の下さんは上の空。依頼の決定についても人任せでいつも通りとは言えない状態ですね。どうした雪ノ下さん!

八幡もこの依頼には自分ひとりで受ける所存のようだ。雪ノ下さんを思ってのことだろうが、その対応間違っていると思うぞ八幡!
一色さんとふたりで海浜総合高校の生徒会と話し合いの席へ。相手さんの生徒会長もなかなか変なやつだ。横文字で格好いいこと言いたい系男子だ。
「フレッシュでルーキーな会長同士企画できて、お互いリスペクトできるパートナーシップを築いてシナジー効果を生みたい。」とのこと。うーむ。確かにいいパンチだぜ。
5_r
そして、まさかの折本さんとの再会です。これまた何やらアリそうなメンツですこと。
6_r
と思ったら一色さんは折本さんのこと覚えていないご様子。本当に葉山くんしか見えていないんですねぇ。そして始まる会議。

おぉと?横文字で格好いいこと言いたい系男子は生徒会長だけじゃなかった?!
7_r
どうやらうまく進まない理由は相手サイドにも問題があったようだ。でも根本はやはり、生徒会長・一色さんと生徒会メンバの確執ですね。生徒会長が一年生で、年下の上司がいるようなものですから、年頃の学生にはちょっと対応がきついところでしょう。

そして、横文字つかってあれよあれよと会話進めていくが結局何も決まらなかった模様。

今回は、一色さんと折本さんとの絡みがメインでした。この組み合わせとっても面白いですが、由比ヶ浜さんと雪ノ下さんはいい気持ちしないですよね。この対応も長引きそうだしバレるのは必然のようです。その時の対応がどうなるか楽しみです。
考える力は正しく考える事ができる人にだけ身につく。


6話で互いの距離感は変わっておらず、全体的に重たい空気のままです。しかし、いい意味で空気の読めない一色さんがトラブルを持ち込み、同中の折本さんとの作業を経て八幡がどのように変化していくかが楽しみですね。八幡は、4話で折本さんに対する思いを終わらせているので、折本さんとのアヴァンチュールは無いと思いますが、複雑な関係であることは変わりないです。この事実を奉仕部のメンバーがどのように受け取るかがキーになりそうです。 6%e8%a9%b1%e7%b5%82%e4%ba%86%e6%99%82
スポンサーリンク


・第5話の相関図はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す