どっちの勝ち?まだ見てない人はグッズ売り場には行くなとだけ。ゴジラvsコング

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る


7月2日公開の映画ゴジラvsコング見ました。えらく盛り上げてくれちゃって、これでポンコツ内容だったらどうしてくれるのって感じでしたが、まぁまぁ良かったです。ゴジラもコングも可愛いけど、小栗旬が最高でしたね。彼については映画キャラクターでその存在感を絶賛したばかりなのに、この映画ではお笑い担当でしたね(笑)
出てきた当初はとても重要キャラの出で立ちだったのに、銀魂を彷彿とさせるシリアスとおふざけは吹き出さずにはいられません。あのキレイな白目は一体何処で手に入れたんだ。さて、おふざけを取り上げるのはこのくらいにして、ゴジラとコングについて。

ゴジラ
これまでの戦績を引き継いだ世界観で始まるこの映画ではゴジラ最強と言わんばかりの世界。モスラやギドラも倒してきた後の世界とみていいでしょう。でも人間には手を出さない紳士協定でも結んでいるのかという平穏な日常から一転。Apex社を襲ってしまう。その理由は、Apexではメカゴジラ作成が進んでおりそのエネルギーを検知したゴジラが天誅を下すというのが大筋の物語。これ、地球最強のわしを脅かす者は許さんとイキリちらしたゴジラが喧嘩売って回る話と言っても過言ではないですよね。ということは、人間に手を出さないのは紳士協定ではなくて眼中に無いだけってことですね。

コング
髑髏島のドームで飼われている?囲われているゴリラ。女の子とコミュニケーションがとれることでおとなしくしており、とても人間に協力的。ここが何故かとか考えても仕方ないので気にしない。仕草や知能は人間といっても差し支えの無いレベルで表情も豊か。ちょっとかわいい。コングもゴジラの波動に触れ、身の危険を感じてか最強を証明したいのか女の子を守りたいのか、とにかくゴジラに敵意剥き出し。船で運ばれるために鎖で繋がれるが、一体どうやって繋がれたのかは気にしない。


第1回戦 海上戦
これは地の利があるゴジラ優勢というのは誰もが初見で感じるでしょう。そして、コングが鎖を引きちぎれない時点でパワー不足へ懸念が・・・。コングの見せ場としては戦艦の上を飛び回る戦術が組める知能ですかね。あとは水中戦も意外といけるパワー。人間の兵器の力を借りてなんとか終戦となる。あれだけ不利な状況で、コングはよく生きて還ったなという印象。空輸される姿は可愛いが、どうやって網に乗せたのかは考えない。
ゴジラの勝利

第2回戦 香港
故郷で斧を手に入れたコング。空洞に貯まるエネルギーを吸収するエンチャント付き。このエンチャントがゴジラの光線も吸収できる対ゴジラ◎の武器。この武器に反応したゴジラ。地球ぶち抜きでコングに攻撃する。この時点でゴジラの勝ち決定と言いたいところだが、ゴジラは目が見えていない?と思われる特性を利用して上手く立ち回ったコング。上手く斧に光線を当てて吸収することでキツイ1発を食らわせゴジラからダウンを奪う。
コングの勝利

第3回戦 香港
(どうやって始まったのかあまりちゃんと覚えていない。)ゴジラが怒りの猛攻撃を繰り出して攻勢に転じる。逃げるコング、しかし踏み潰され死の淵へ追いやられる。
ゴジラの勝利

第4回戦 共闘
ゴジラとコングがメカゴジラに対して共闘するため、ゴジラvsコングでは無いが劣勢のゴジラに加勢する形でコングがメカゴジラを翻弄する。最後にはゴジラが光線で後押しをしてくれたコングが、斧で四肢をもぐことで勝利を納める。
コングの勝利

といった経緯となっている。戦いの内容を見ればゴジラの勝利といって問題ないでしょうね。コング死にかけてますし。ただ、美味しいところや物語の核となる活躍をしたのはコングなので、勝負に勝ったのはゴジラ、試合に勝ったのはコングといったところでしょうか。

最後に
メカゴジラ出て三つ巴になるってのがこの映画の最大の見せ場じゃないですか。メカゴジラを映画館のグッズ売り場に置いたのは許さんぞ!映画までの空き時間でグッズ見てたら、なんでメカゴジラ売ってるんだろう→あ、そういうことか って誰でもわかっちまうぞ!

以上です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す